釣行記 月 日
小ザクラ満開? 2月 22日 水曜日 若潮
場所 天候 釣り方 水温
南紀田辺 磯間金谷 カゴ釣り 16.0度




 みなさん、あけましておめでとう・・・



  って〜っ、もうとっくに過ぎていますねェ〜!(≧遅≦;/



 今年も相変わらず、悪天候の法則に悩まされています。

 また、アホやから大丈夫と思っていたインフルエンザにもかかり、5日間も出社停止に。

 家で安静にしていた間は、何故か天気は良かったですね〜!

 今年の初詣で、昨年の倍の賽銭でお願いしたのですが・・・

 どうして、こんなに天候の巡りが悪いんでしょう?

 (こんな事ばっかり書いているからや!)

 ・・・と聞こえてきそう。











 そんなこんなで2月の終盤、やっとの事で休日と天候が一致!

 今回は高気圧に覆われるので、の〜んびりと楽しめそうです。











 それでは、ドコに行こう?

 『沖一』のグレさんは産卵行動に入ったのか、一服状態が続いております。

 南紀一帯は多少なりとも釣れていますが、同様で数が望めません。

 でも、田辺の磯間では、『金谷』周辺で小ザクラ満開情報が飛び交っています!

 連日二桁釣果は、当たり前だのクラッカー!

 今年の初釣にはもってこいの情報です!

 行きましょう〜っ!

















 当日

 現地に着くと、意外や意外。

 天気がエエのに、釣り人の車の数が少ないです。

 これは、ホンマにの〜んびり出来るかも!

 ・・・と思ったのもつかの間。

 この後は続々と集まり、船が沈むンちゃうか〜とゆうくらいに!



  やっぱり・・・(⌒汗⌒;ヾ













 05時20分出船。

 今回は他の湾内磯降りる人は無く、一直線に『金谷』へ向かいます。

 暗闇の中、渡礁するのですが・・・

 小ザクラ満開情報が流れているせいか、後からも続々と降りてきます。

 平日やのに、まるで土日祝のような混み具合です。

 そんな感じですので、BPは奪取ならず。

 今回は、一番端っこに陣取る事になりました。

 まあ、あれだけ釣れていたら、ドコでも釣れるでしょう!











 この時期・・・

 暗い内からも食ってくるので、さっさと準備をして始めます。

 














 すると!

 2投目で早くもアタリがあり、小ザクラくんをゲット!

 














 それからは・・・

 2投に1アタリが続き、サイズもアップしていきます。

 















 夜が明けると・・・

 
















 入れ食いショーの始まり!



 まさに、モーニングサービス!



 

 活性がエエので、ダブルもあります!



















 周りでも・・・



 同時多発モーニングサービスが勃発!



 















 そんな入れ食いショーが、07時半ころまで続きました。



















 それからは・・・

 潮が止まり、アタリが遠くなりました。

 でも、誘いをかけてやると、ポツポツといった具合に拾い釣りが出来ます。















 そんな拾い釣の中・・・

 小ザクラくんじゃないエエ重量感の魚さんを2度掛けましたが、ハリ外れで連続バラシ!

 食いが渋いのか、ハリ掛かりが悪かったのか?

 せっかくのチャンス、勿体ないです。


































 そして11時(早)・・・

 ここまで、まだお刺身サイズの魚さんはありません。

 何とか1匹でエエから釣りたいと、小ザクラくんの居ないところに探していると・・・













 ズボンッ!!




 小ザクラくんと違い、いきなりウキを引きずり込むようなアタリが来ました!

 瞬間的にアワセを入れると、竿先にマシな重量感が乗った!

 これは少し期待出来るかもと、バラさないようゆっくり寄せますと・・・

 目測40cm以上はありそうな(無かったケド)タイさんが浮上!

 これはバラシてはならぬと、タモにて御用します!

 

 これは、エエお刺身が釣れました!



















 これで、いつでも帰れます。

 けっこう釣っているので、12時に上がろうかと思い・・・

 ラスト1匹を宣言すると(誰に?)、これがなかなか釣れません。

 アタリがあっても、素バリを引いたりバラシたりします。



  うっきィ〜っ!!(≧焦≦;/













 次第に焦っていきます。

 渡船の姿は、昨年末にシマアジさんが釣れた『塔島』辺りに見えます。

 後片付けがあるので、これ以上粘れません。

 ラス投します!












 すると・・・

 誘いを掛けた後、ゆっくりとウキが入水!

 よっしゃ来たァ〜と、大きく合わせます!




 バァッキンッ!!




 竿の二番・三番が真っ三つに折れてしまいました!



  エ〜ッ!!マジっかよう〜っ!!(◎疑◎;//



 

 でもっ!!

 魚さんが付いているようで、そのまま回収!

 とても高価なタイさんになりました。w











 そして・・・

 渡船は『小金谷』沖まで戻ってきていたので、急いで片付けます。

 スカリの魚さんを締める時間なく、急いで飛び乗り終〜了〜っ!

 後で計測される際、船頭助手くんに締めてもらうと・・・

 

 
危ない所でした。

 もう氷を入れる隙間しか残っていません。

 14時まで粘ったら、蓋が閉まらなかったでしょう。


















 やっと、初釣りに行けました。

 そして、アタリも頻繁にあり、めっちゃ楽しめました。

 小ザクラ満開情報があっても、あんな端っこでこんなに釣れるとは思いませんでした。

 せいぜい10〜15匹も釣れたらエエやろうと思っていましたが・・・

 朝のモーニングサービスで、いともあっさりとクリアしちゃいました。

 とある情報筋によりますと、近くの生簀から大量のタイさんが脱走したらしいです。

 その内の一団が『金谷』周辺に居ついているのでしょうか。

 でも、釣り過ぎて脳内回路がパンクし、エライ事になってしまいました。

 刺身サイズが釣れた後、スグ止めれば良かったのですが・・・

 ラスト1匹にこだわり過ぎて、大事な竿をまた×3折ってしまいました。

 30年近い前の代物ですので、経年劣化が進んでいたのでしょう。

 ですが、捨てずに取っておいたパーツがありますので、復活させて上げられます。

 また折れるかもしれませんが・・・

 

 
釣果 マダイ 24〜39cm 34匹


inserted by FC2 system